発音とリスニング一覧

NO IMAGE

フォニックスで英語を学ぶ

文字と音の関係を学ぶ フォニックスを基本に教えている学校も多くあります。 音素的なフォニックス(phonics)のアプローチに対してホール・ランゲージ(whole language)のアプローチがあります。フォニックスは部分から全体を読めるようになっていく方法ですが、ホール・ランゲージはこの反対の方法をとっています。全体から丸ごと覚えていくというホール・ランゲージという方法です。絵本の単語全体をみてその読み方を自然...

NO IMAGE

アクセント矯正でアイデンティティ失われる

まぐまぐニュースで次のような報道があります。 ざっくり言うと* 英語下手とされる日本人だが、無理にアクセントを矯正する必要はないという* 日本語的アクセントを直すと日本人としてのアイデンティティも失われるそう* 会話に支障がなければ、多少のアクセントは好意的に受け止められるとのことなぜ外国人は「日本なまりの英語」を直さなくて良いと思うのか 日本各地に方言があるように、アメリカでもヒスパニック・アフリカ系アメリカ人・アイルラ...

NO IMAGE

ジョン万次郎の英会話

ジョン万次郎の英会話の間違い ジョン万次郎の英会話は日本における最初の英会話の本になります。 ジョン万次郎は『英米対話捷径』(1859年、安政6年)という英会話の入門書を書いています。この本は早稲田大学の図書館などにあることが知られています。 最近『ジョン万次郎の英会話』(Jリサーチ、2010) という本が出版されて、そのなかに『英米対話捷径』が載録されているので誰でも簡単に閲覧できるようになりました。 「捷径...

NO IMAGE

口の形で発音を学ぶ

口の形で発音を学ぶ 口の形で発音を学ぶと言う方法は非常に古い英語学習方法です。 ハミングバード 英語発音矯正ハミングバードは、アメリカ・ロサンゼルスの研究所で日本人のために開発された英語発音学習です。またそのメソッドに基づく英語発音スクールの名称です。発音する時の「口の形と舌の位置」をまず規定し、「その動きとしての発音」を「見て真似る」ことで身につける画期的な方式です。 20年以上の歴史と実績を有し、10,000人以...

NO IMAGE

「Siri」に発音をチェックしてもらう

「Siri」に発音をチェックしてもらう 次にような書き込みがあります。 斉藤淳中学・高校生向け英語塾「J Prep斉藤塾」代表。元イェール大学助教授。元衆議院議員。1969年山形県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業、イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D. 政治学)。イェール大学助教授、高麗大学客員教授などを歴任。 斉藤淳氏が次のように言っています。 世界最強の英語勉強法イェール大学で学んだ[発音]養成メ...

NO IMAGE

発音できれば聞き取れる   

発音を教える人で発音できれば聞き取れると言う人が多くいます。あるウエブサイトでは次のような説明がありました。 「発音できなければ聞き取れません。それは英語を聞く時は耳から入った音は、音声信号に一端変換され、まず左側頭葉のウェルニッケ野という場所に送られます。しかしその音が言語の音なのか、それともそれ以外の雑音なのかは、このウェルニッケ野単独では判断できません。そこで、耳から送られた信号音は、そのまま脳の運動前野に送られ、耳からの...

NO IMAGE

英語が「聞き取れない」理由とその最短克服法

英語が「聞き取れない」理由とその最短克服法 安河内哲也氏がNikkei Trendyで次のように説明しております。子どもたちが、「話せる」をマスターしようとし始めている今、大人たちも負けてはいられません。けれど大人たちには“強み”があります。中学英語をすでに学んでいることです。あとはそれをどう生かすか。そこで今回は実践編。中学英語だけを使って耳を鍛え、口を動かして、英語アレルギーを払拭。「あ、聞けてる」「あ、話せてる」を少しでも...

NO IMAGE

英語の通じる発音の2つのポイント

英語の通じる発音の2つのポイント OVOに次のようね発音の説明があります。 日本人カタカナ発音英語は、実際のところ、ネイティヴにどのように伝わってるのか?そして、通じる発音のコツとは? 「英語を話しても、1回で通じなくて何度も聞き返されて落ち込んでしまう…。」という声をよく耳にします。1990年代以降は、コミュニケーションを重視した英語教育政策をとってきたにもかかわらず、英語コンプレックスとともにカタカナ発音コンプレ...

NO IMAGE

脳波計を応用し、英語のリスニング能力を向上

次のようなニュースがあります。 「エル」と「アール」の正答率が9割に向上 情報通信研究機構(NICT)は、「nano tech 2019」で、ウェアラブル脳波計を用いて英語のリスニング能力を向上させることができる学習法などを紹介した。 NICTは、脳波を比較的簡単に測定できるウェアラブル脳波計を開発。技術移転を受けた民間企業が、小型の脳波計やヘッドギアなどを商品化してきた。従来の脳波計測装置は、大型であり、頭部に導電...

NO IMAGE

音声変化(リエゾン)で音がくっつく

消える日本人が知らない英語発音のルール プライムイングリッシュが次のような説明をしています。 英語は読めるけど、リスニングが苦手なんだよなぁ…こんな風に、リスニングに苦手意識を持っている人はたくさんいらっしゃいます。私が大学受験のために勉強していた頃も英文は読めるのにリスニングが全然できなくて悩んでいたものです。 「英語が聞き取れない原因」でも説明しましたが、日本人がリスニングを苦手とする原因の1つは、英語の音声変化...