NO IMAGE

基本にカエル英語の本 発音ABC

「基本にカエル英語の本 発音ABC」は松澤喜好氏の書いた本です。 次のような説明になっています。 英語の中で「発音」というジャンルは、「英文法」「英単語」などに比べるとあまり注目されず、どちらかというと軽視されがちですが、「英語」を勉強するためには実はとても重要です。 英語はアルファベット(ABC・・・)から学習しますが、そのアルファベット文字は覚えても、ちゃんとした発音も覚えたという人は多くありません。 おそらく、ほと...

NO IMAGE

英語スピーキングのカギはインプット

山田暢彦氏はNOBU式トレーニングで次のように言っています。 7大特徴 1.インプット→アウトプット「英語をきちんと理解してから」→「自ら話して定着できる」ので、質の高いトレーニングが非常にスムーズにできる。 2.日本人の苦手分野にフォーカス中1→中2→中3の順番で段階的にレベルアップし、日本人が苦手とする「文の後半部分」(補足情報を述べる部分)に注目し、ここを重点的にトレーニング。ネックとなっている箇所を集中的に訓...

NO IMAGE

大人は論理的に作文をさせる

NCCと言う英語学校には次のような言語習得の説明があります。 アメリカの言語教育の権威T.アンダーソン博士によれば、大人と子供とでは言語習得の方法が180度異なるとされています。 言語教育学上、0~10歳時を「言語形成期」と呼び、「体験的に言語を習得する能力」を多く持ち合わせた時期とされています。一方、10歳時を過ぎると「体験的に言語を習得する能力」は失われていき、逆に「論理的に言語を習得する能力」が上回ります。 つ...

NO IMAGE

日本人の英語は完璧主義すぎる

NativeCampに次のように記事があります。 英語を学習するときに、「きれいな発音じゃないと聞き取ってくれない」「文法が間違えていると恥をかく」と思って、正しい発音や文法を覚え込もうとしてしまう人はいるでしょう。 日本人英語学習者は完璧に求める姿勢は、英語力向上の障害となっていることがあります。実際TOEIC990点・英検一級などを持っている人でも、英語が完璧でなく、まともに話せないという人もいると思います。 T...

NO IMAGE

Karaoke Nipponglish(カラオケ ニッポングリッシュ)

安河内哲也氏が“courrier.jp”につぎのような記事を書いています。英語のカリスマ講師、安河内哲也が今回取り上げるのは、日本人とは切っても切り離せない「カタカナ英語」についてだ。純ジャパが実用的な英語力を手にする学習の過程で大きな弊害になると言われるカタカナ英語。 特に英語らしい発音を妨げると、嫌われている感が強い。しかし、カタカナをバッサリ捨てずに、毎日の英語学習に上手に取り込む術が実はあるのだとか! みなさん、こ...