NO IMAGE

AIが発達すると英語学習は必要ない

AIが発達すると英語学習は必要ない 藤沢数希氏が次のように投稿しています。 日本の「英語産業」にとって、良いニュースと悪いニュースがある。2020年、つまり、いまの中学3年生が受ける大学入試が変わる。人がやっている多くの仕事を人工知能やロボットがやるようになる、と言われている。そうした未来では、これまでの日本の伝統的な教育である、知識や解法を暗記して、それをいかに正確に速く答案用紙に再現できるかを競うようなやり方では、国際競争に...

NO IMAGE

音声変化(リエゾン)で音がくっつく

音声変化(リエゾン)で音がくっつく 消える日本人が知らない英語発音のルール プライムイングリッシュが次のような説明をしています。 英語は読めるけど、リスニングが苦手なんだよなぁ… こんな風に、リスニングに苦手意識を持っている人はたくさんいらっしゃいます。 私が大学受験のために勉強していた頃も英文は読めるのにリスニングが全然できなくて悩んでいたものです。 「英語が聞き取れない原因」でも説明しましたが、日本人がリスニングを苦手と...

NO IMAGE

ある男を真似ろ:出川哲郎

ある男を真似ろ:出川哲郎 僕の名前は、Masaponというのですが、ほとんどの方は、僕と会ったこともなければ 顔も声も知らないと思います。 僕の名前は、Masaponというのですが、ほとんどの方は、僕と会ったこともなければ 顔も声も知らないと思います。 なので、簡潔にではありますが、僕のこれまでのプロフィールについて、ここで、勇気を出して公開することにしました。 僕は普段、「英会話の伝道師」としてインターネット上で日本人(主...

NO IMAGE

英語表現を1年で3000文、覚えて使いこなす

英語表現を1年で3000文、覚えて使いこなす 通訳者の川合亮平が選んだ学習法英語学習法が紹介されています。 通訳・翻訳者で、ベネディクト・カンバーバッチさんやエディ・レッドメインさんなどの通訳や英語インタビューも行うジャーナリストの川合亮平さん。この連載「通訳者が選んだ学習法」では、15年ぶりに本格的に英語学習を再開した川合さんに、確実に向上する具体的な学習法を教えていただきます。第2回のテーマは「使いこなせる語彙・表現を増やす...

NO IMAGE

一石五鳥のメソッド

一石五鳥のメソッドとは 一石五鳥のメソッドが紹介されています。 単語暗記法と超・音読法 廣津留真理氏は次のように説明しています。 私のメソッドは、英語4技能の「読む、聞く、話す、書く」を一体化して教えます。中でも特に評判がいいのが、「1日たった5分のらくらく単語暗記法」と「超・音読法」です。 すみれ(廣津留の娘)も常々、「ハーバードの英語は単語が9割」と言っていますが、本当の英語力がつくかどうかの最大関門は、単語習得にあると断...

NO IMAGE

英語発音自動評価システム

英語発音自動評価システム ネットの記事を読み、イーオンとKDDI総合研究所に次のようなメールを送りました。 英語発音自動評価システムとは 英会話教室を運営するイーオンと、KDDI総合研究所は、AIを用いた英会話スキルの評価システム「日本人英語話者向け発音自動評価システム」を共同開発。提供するサービスについて、発表会を実施した。 大きな間違い 完璧にネイティブを真似る必要はない、相手に伝われば良い 日本人英語話者向け発...

NO IMAGE

スピークエッセンス

スピークエッセンス スピークエッセンスは次のように紹介されています。 ポイント1 短い英会話によるパターン学習 パターンを覚えるのではなく、パターンを生み出せる! だから、会話の応用が効き、会話がつながるのです! スピークエッセンスの最大の魅力は、話者Aと話者Bの一対の会話、「英会話の最小単位」である「マイクロ会話」にあります。 このマイクロ会話を自分が話したい順序で相手の出方に合わせて組み合わせると、無限のパターンで会話が成...

NO IMAGE

英語スピーキングのカギはインプット

英語スピーキングのカギはインプット 山田暢彦氏はNOBU式トレーニングで次のように言っています。 7大特徴 1.インプット→アウトプット 「英語をきちんと理解してから」→「自ら話して定着できる」ので、質の高いトレーニングが非常にスムーズにできる。 2.日本人の苦手分野にフォーカス 中1→中2→中3の順番で段階的にレベルアップし、日本人が苦手とする「文の後半部分」(補足情報を述べる部分)に注目し、ここを重点的にトレーニング。ネ...

NO IMAGE

目標の管理ができるTOKKUN ENGLISH

目標の管理ができるTOKKUN ENGLISH 生徒達が目標を達成できるとTOKKUN ENGLISHが注目を集めているようです。 サイトには次のような説明があります。 TOKKUN ENGLISHとはビジネス英語に特化し、専属コンサルタントが毎日サポートし、2ヶ月間で飛躍的な英語力の向上を目指すプログラムです。ビジネス英会話の習得を目指すコースとTOEIC200点アップを目指すコースの2種類があります。 現在の英語力を科学...

NO IMAGE

大人は論理的に作文をさせる

大人は論理的に作文をさせる NCCと言う英語学校には次のような言語習得の説明があります。 アメリカの言語教育の権威T.アンダーソン博士によれば、大人と子供とでは言語習得の方法が180度異なるとされています。 言語教育学上、0~10歳時を「言語形成期」と呼び、「体験的に言語を習得する能力」を多く持ち合わせた時期とされています。一方、10歳時を過ぎると「体験的に言語を習得する能力」は失われていき、逆に「論理的に言語を習得する能力」...