NO IMAGE

間違いを恐れないで話せ

間違いを恐れないで話せ オールアバウトで英語話す時、失敗を恐れる心が背景にあると伝えています。 日本人は、学校でも会社でも、ミスをすると怒られます。加点主義よりも減点主義で、だからこそ、「ミスをしない」ことを過剰に意識してしまいます。 また、日本人は均一性が高い民族であるがゆえ、人と同じように振舞わないと「村八分」に合うという無意識の恐れを抱えています。ミスをして怒られる、恥をかくのなら、無難なあいさつをしよう、この...

NO IMAGE

文法は英語学習の基本

文法は英語学習の基本 英語を学ぶ時に文法を基本に学ぶ方法です。つぎのような説明があります。 英語文法を学ぶ上で絶対に押さえるべき9つの法則 基本は<主語+動詞〜.> 日本語では「私は+ピアノを+弾きます」というように、動詞が文の最後に来ますよね。でも英語ではほとんどの場合、主語の直後に動詞が来ます。次の2文を比べてみましょう。 I play the piano.私はピアノを弾きます。 英文では...

NO IMAGE

英語学習が続いている人に共通点

宣伝会議に次のような記事があります。 社内外で様々なビジネスパーソンにビジネス英語を教えていて、一番多く聞かれる質問は、「どのようにしたら英語が上達しますか?」という質問です。 英語の上達というのは、多くの人が望んでいることで、かつ、多くの人が悩んでいることでもあります。それはもちろん簡単なことではありませんが、私のこれまでの経験から、効果的なビジネス英語の学習方法というものは確かにあります。書籍の中でも、多くの「具体的な...

NO IMAGE

人工知能で英語の勉強は不要になる

人工知能を使った翻訳システムがだんだんディープラーニングで精度を上げれば、その人工知能に翻訳を任せ、もう英語の勉強が必要はないと言う人も多くいます。英語の勉強はしないで、人工知能に任す事は可能でしょうか。 翻訳や通訳デバイスを使う事で完全に言葉の壁はクリアできるのでしょうか。将来的には英語の勉強は意味のないものになるのでしょうか。 大きな間違い 脳科学者の茂木健一郎氏はPRESIDENTに次のように書いています。 ...

NO IMAGE

普遍文法と生成文法

日経サイエンス2017年5月号に次のような記事があります。 特集:言語学の新潮流 チョムスキーを超えて:普遍文法は存在しない 子供はみな言葉を自然に覚えて話すようになる。なぜだろうか?人は言語を習得する機構を生まれながらに備えている、つまり普遍的な文法が生得的に組み込まれている、というのが、ノーム・チョムスキーが20世紀半ばに提唱した有名な「普遍文法仮説」だ。彼は普遍文法によってすべての言語を説明できると唱え、言語学...

NO IMAGE

まずは英語を習慣化させる

英語学習の過程にはさまざまなハードルが待ち受けています。私も英語学習を続ける途中で様々な壁にぶつかりましたが、最もきつかったのは、一番最初のハードルでした。 一番最初のハードルとは、「英語学習を習慣化する」というハードルです。このハードルを越えることができれば、その後に待ち構えるTOEIC700の壁、800の壁、900の壁、実際の英会話の壁などは取るに足らないものです。 今回は、最初のハードルである英語学習を続けるための8...

NO IMAGE

英語の映画を1,000本見る

TOEICの高得点者、英検1級取得者でさえ、「映画が聞き取れない」と嘆くことが多いと言います。また、海外に長期滞在している方でも映画のリスニングは半分も理解出来ないと聞きます。それなら洋画をたくさんみたらどうなるのでしょうか。 SAIさんという方が体験レポートで洋画をたくさん見た結果について書いています。これをするためにはかなりの情熱と時間が必要でなかなか経験できるものではありません。ぜひ英会話学習の参考にしてください。 ...

NO IMAGE

英語脳の獲得

“英語脳”を検索すると多くの英語教材や本を書いた業者の名前がでてきます。残念ながら英語脳は業者にとっては大変に都合の良い考えなのです。英語脳は“水素水”のように煙に巻くには非常に都合が良い言葉なのです。 水素水の効果は判明しておりません。しかし、水に水素が入っていると何か効果がありそうな感じがして、水素が入っているだけで、その効果の根拠のなく、健康に良いと言うだけで水素水を売っているのです。 英語脳も存在の根拠がないまま、...

NO IMAGE

英語をツールに国境を越えて貢献する力の育成

サンケイビズにつぎのような報道があります。 札幌新陽高等学校がレアジョブ英会話を導入オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校が2018年5月31日より、オンライン英会話サービスの提供および、ICT教育の効果を最大限活用するPBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた新たな英語学習カリキュラムの共同開発を開始しました。 札幌新陽高校は、試験や大学入試のためだけの...

NO IMAGE

AIが英語学習を変える

日経ビジネスオンライで池田和弘氏が“想像を絶する時代の始まり”と言う事で次にような記事を書いています。 今、AI(人工知能)が、文字通りあらゆる分野でとてもホットな話題になっています。しかも、その内容は日々進化しています。いったいAIと英語学習はどのような関係にあるのでしょうか。 これについて考えるには、取りあえずまず一度、google翻訳を試すことをお勧めします。端的にいって、その精度は驚異的です。音声入力でさえ、きちん...