NO IMAGE

スピークエッセンス

スピークエッセンス スピークエッセンスは次のように紹介されています。 ポイント1 短い英会話によるパターン学習 パターンを覚えるのではなく、パターンを生み出せる! だから、会話の応用が効き、会話がつながるのです! スピークエッセンスの最大の魅力は、話者Aと話者Bの一対の会話、「英会話の最小単位」である「マイクロ会話」にあります。 このマイクロ会話を自分が話したい順序で相手の出方に合わせて組み合わせると、無限のパターンで会話が成...

NO IMAGE

英語スピーキングのカギはインプット

英語スピーキングのカギはインプット 山田暢彦氏はNOBU式トレーニングで次のように言っています。 7大特徴 1.インプット→アウトプット 「英語をきちんと理解してから」→「自ら話して定着できる」ので、質の高いトレーニングが非常にスムーズにできる。 2.日本人の苦手分野にフォーカス 中1→中2→中3の順番で段階的にレベルアップし、日本人が苦手とする「文の後半部分」(補足情報を述べる部分)に注目し、ここを重点的にトレーニング。ネ...

NO IMAGE

目標の管理ができるTOKKUN ENGLISH

目標の管理ができるTOKKUN ENGLISH 生徒達が目標を達成できるとTOKKUN ENGLISHが注目を集めているようです。 サイトには次のような説明があります。 TOKKUN ENGLISHとはビジネス英語に特化し、専属コンサルタントが毎日サポートし、2ヶ月間で飛躍的な英語力の向上を目指すプログラムです。ビジネス英会話の習得を目指すコースとTOEIC200点アップを目指すコースの2種類があります。 現在の英語力を科学...

NO IMAGE

大人は論理的に作文をさせる

大人は論理的に作文をさせる NCCと言う英語学校には次のような言語習得の説明があります。 アメリカの言語教育の権威T.アンダーソン博士によれば、大人と子供とでは言語習得の方法が180度異なるとされています。 言語教育学上、0~10歳時を「言語形成期」と呼び、「体験的に言語を習得する能力」を多く持ち合わせた時期とされています。一方、10歳時を過ぎると「体験的に言語を習得する能力」は失われていき、逆に「論理的に言語を習得する能力」...

NO IMAGE

日本人の英語は完璧主義すぎる

日本人の英語は完璧主義すぎる NativeCampに次のように記事があります。 英語を学習するときに、「きれいな発音じゃないと聞き取ってくれない」「文法が間違えていると恥をかく」と思って、正しい発音や文法を覚え込もうとしてしまう人はいるでしょう。 日本人英語学習者は完璧に求める姿勢は、英語力向上の障害となっていることがあります。 実際TOEIC990点・英検一級などを持っている人でも、英語が完璧でなく、まともに話せないという人...

NO IMAGE

ATSUの英語学習思考プロセス

ATSUの英語学習思考プロセス つぎのような説明があります。 私は、英語学習を開始してから早10年、様々な試行錯誤を通して、自らの英語力を磨き続け、現在は英語圏でキャリアを築くのに十分なレベルにまで向上させることができました。この長い道のりの中には「どうしてこんなに勉強したのに、全然効果が出ないのだろう…」と思うこともしばしばあり、今でもそうした壁にぶつかることがあります。しかしそんな中、自暴自棄に陥らず、たくさんの壁を打ち破る...

NO IMAGE

聞き流せば英語は話せる

聞き流せば英語は話せる    いろいろな教材が次のように言っています。 エブリデイイングリッシュ 宣伝文句では次のように言っています。 EVERYDAY Englishは聞き流しても英語が話せる、その理由は、”日本語にない音”を的確につかめるから。 日本語は母音が多い低周波音域中心。であり英語は子音が多い高周波音域中心。日本語には、高周波音域の音があまりありません。 "英語耳"が身についていない状態で、いくら勉強してもな...

NO IMAGE

2020年に「英語革命」が起きる

2020年に「英語革命」が起きる 言語社会学者の寺沢拓敬氏が安河内哲也氏の本に関するコメントしております。 新刊安河内哲也著“全解説 英語革命 2020”(文藝春秋社)を読んだ。 内容は、書名が示すとおり、2020年に英語革命なるものが起きるという話である。もう少し具体的に言うと、2020年度入試から大学入試の英語が変わるので、それをきっかけに日本の英語教育が大幅に改善するという話である。「2020年、スーパー翻訳機が発明されて...

NO IMAGE

英語をツールに国境を越えて貢献する力の育成

英語をツールに国境を越えて貢献する力の育成 サンケイビズにつぎのような報道があります。 札幌新陽高等学校がレアジョブ英会話を導入 オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブは、学校法人 札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校が2018年5月31日より、オンライン英会話サービスの提供および、ICT教育の効果を最大限活用するPBL(プロジェクトベースドラーニング)を用いた新たな英語学習カリキュラムの共同開発を開始しました。 ...

NO IMAGE

Karaoke Nipponglish(カラオケ ニッポングリッシュ)

Karaoke Nipponglish(カラオケ ニッポングリッシュ) 安河内哲也氏が“courrier.jp”につぎのような記事を書いています。 英語のカリスマ講師、安河内哲也が今回取り上げるのは、日本人とは切っても切り離せない「カタカナ英語」についてだ。純ジャパが実用的な英語力を手にする学習の過程で大きな弊害になると言われるカタカナ英語。 特に英語らしい発音を妨げると、嫌われている感が強い。しかし、カタカナをバッサリ捨てずに...