アクセント矯正でアイデンティティ失われる

アクセント矯正でアイデンティティ失われる

まぐまぐニュースで次のような報道があります。

ざっくり言うと
* 英語下手とされる日本人だが、無理にアクセントを矯正する必要はないという
* 日本語的アクセントを直すと日本人としてのアイデンティティも失われるそう
* 会話に支障がなければ、多少のアクセントは好意的に受け止められるとのことなぜ外国人は「日本なまりの英語」を直さなくて良いと思うのか

日本各地に方言があるように、アメリカでもヒスパニック・アフリカ系アメリカ人・アイルランド系・イタリア系とそれぞれが独自のアクセントを持ってます。AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんは無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』の中で、こうしたアクセントはアイデンティティの一つで、日本人も無理にアクセントを矯正する必要はないと力説します。

日本人の英語―日本語アクセントは格好悪いの
全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。日本人の英語下手は有名ですね。
理由はいろいろあると思いますが、ひとつは、英語と日本語が全く異なる言語だということです。文法はともかく、英語の方が音声体系が複雑ですから、大人になって英語を習っても、聞き取れない音がたくさん出てきてしまいます。
それに、勉強方法がまずいことも、もちろんありますね。私が中学の頃の英語授業なんて、今思い出してもひどいものです。

私も20代後半で留学しましたから、特にリスニングで苦労しましたし、今もベタな日本語アクセントで話しています。
参議院議員の青山繁治さんは、アメリカアクセントを習得されていますね。ご本人も、「私の英語は米語」とおっしゃっていました。相当努力されたのかもしれませんが、天才肌の方はあまり参考になりません。

私は英語で不自由しなくなってから、地域のコミュニティカレッジで開講されていた、「アクセント矯正コース」に通ったことがあります。「矯正」と言っても、英語では“Reduction”つまり、減殺と書きます。ここがミソですね。
いろんな人種の人たちが生徒として来ていました。「部下に僕が言うことを理解して欲しい」という中国人のマネージャーがいたのを覚えています。
ものすごく綺麗な英語を話す先生が来て、説明してくれました。

「みなさん、英語は難しい言語です。なぜならば、スペルと発音が一致しないからです」
「なるほどそうですねー」
「発音記号をすべて勉強し直してみましょう!」
「ちゃんと勉強したの初めてだなー。なるほど、違いが分かってきたなあ」
「さあ、早口言葉を練習して!」
「She sells seashells by the seashore…」
「よくできました。次の段階に進みましょう」
「はーい」
「実は、英語の実際の会話では、発音記号どおりに発音しないのです!」
「なんだそりゃあああ」

私は先生とも仲良くなって、楽しく取り組んでいました。効果があったかと言えば、多少ありました。通じやすくなって、聞き返されることが少なくなったと感じました。
ところが、意外なことが起こります。

オージーの友人に、アクセントリダクションコースに通っていることを話したところ、友人は表情を曇らせてこう言ったのです。
「日本語アクセントを失ってしまうと、あなたのアイデンティティが失われてしまう。日本人であることがあなたにとって大切なことなのよ」びっくりしました。

オーストラリアに慣れ親しんでいるつもりでも、周囲は「日本人的キャラクター」を期待していたわけです。私が「クロコダイルダンディー」のようにふるまっても、オージーは喜ばない。むしろ、「ラスト・サムライ」の方が望ましい(笑)。
そういえば、オーストリア出身の俳優、アーノルドシュワルツネッガーも、独特のアクセントが彼のキャラの一部になっていますね。
「このコースを受けたぐらいで、アクセントが無くなったりしないから大丈夫ですよ」
と答えましたが、ちょっとした驚きでした。

それで、私なりの結論は以下のようなものです。
「大切なことは、相手がストレスなく聞き取れること。相手が苦労するほどアクセントが強いと何かと差し支える。支障がないレベルであれば、多少のアクセントはむしろキャラクターの一部となり、好意的に受け止められることもある」

もちろん、幼少期に移住してネイティブの発音が自然に身についていたら、それはそれでいいわけで、その場合は立ち居振る舞いも現地人化しているでしょう。
私のように、完全に成人してから移住した場合は、むしろ、日本人らしさ、が求められ、アクセントもその一部だったりするわけですね。
言い換えれば、周囲は私たちを通して日本を見ているわけで、私たちが尊敬されると、日本人は立派だな、日本は立派な国だな、となるわけです。

大きな間違い
上記で日本語訛りと書いてあるのは、東北訛りや、関西訛りとは違うものです。東北訛りや、関西訛りは地域の人がもっている特徴です。

しかし、日本人の話す英語の日本語訛りで共通している部分は下手と言う事です。そしてその下手な発音誰も満足しておりません。日本人でも上手な人はかなりいます。その日本語訛りの英語が日本の標準としているものではありません。

日本人の話す日本語訛りの英語は単に、練習が不足している、十分な学習不足の結果であり、それを日本人のアイデンティティと言うのは間違いです。

オーストラリアやアメリカの南部の方が話す英語はだれも誇りにしながらあの訛りで話しております。日本の東北訛りや、関西訛りとは同じです。

日本人のアイデンティティを守るために、英語は下手で良いというのは理解に苦しみます。言語の基本はネイティブを真似る事です。すると、めざしているのはネイティブのような発音なのです。

その真似るべき英語学習で、発音だけは日本人のアイデンティティを守るために真似るなと言うのは、英語学習の基本さえも曲げるものです。

一緒に英語を学びませんか

ディープラーニングで一緒に英語を勉強しませんか。次のサイトにメソッドと教材があります。

https://英会話革命.com/

次の方が会員として参加しています。

https://英会話革命.com/for-member/memberlist/

現在、無料モニターを募集しております。下記リンクから無料で登録できます。

https://英会話革命.com/for-member/register/