言語学一覧

NO IMAGE

普遍文法と生成文法

普遍文法と生成文法   日経サイエンス2017年5月号に次のような記事があります。 特集:言語学の新潮流 チョムスキーを超えて:普遍文法は存在しない 子供はみな言葉を自然に覚えて話すようになる。なぜだろうか?人は言語を習得する機構を生まれながらに備えている、つまり普遍的な文法が生得的に組み込まれている、というのが、ノーム・チョムスキーが20世紀半ばに提唱した有名な「普遍文法仮説」だ。彼は普遍文法によってすべての言語を説明でき...

NO IMAGE

英語を社内公用語にする

英語を社内公用語にする PRESIDENT Onlineで2017年3月に掲載された“「英語強制」丸5年 ユニクロ社員はペラペラか”と言う記事がありました。英語の社内公用語化の「現場」で起きていることは次のような事です。 グローバル化の影響で英語を社内公用語にする企業が珍しくなくなりましたが、実際問題、社内でどれくらい英語が使われるようになったのか。また、社員の英語学習への意識・レベルはどれくらい向上したのでしょうか。 社内公用語...

NO IMAGE

英語は用法基盤モデル

英語は用法基盤モデル 英語を言語として捉えた場合に、言語とはどのようなものでしょうか。 英語を科学的にかつ効果的に学ぶためには言語システムの特徴や性質を知る必要があります。言語システムを良く知る事によって効果的な学習が明確になります。 言語をモデルとして捉えると、学校の教育では言語モデルを文法等の使い方を学ぶ用法基盤モデル(Usage-based Model)と捉えています。用法基盤とは言葉がどう使わるべきかといるルールを知っ...

NO IMAGE

英語はインド式に学べ

英語はインド式に学べ 英語ノンネイティブの文化から発生した英語習得法 インド式の英語のサイトでは次のような説明があります。 インド式英語が日本人にとって有効な理由の一つ に、英語を母国語としない文化から生まれた英語の習得法であることが挙げられます。私たちは、英語を母国語とする人々と同じ様に、耳から聞いて、単語から覚えて、徐々に子供が言葉を覚える様な方法で学び続ければ英語が習得できると信じてきました。しかし本当にそうでしょうか。...