脳科学と人工知能一覧

NO IMAGE

科学で証明されている7つの方法

english-hackerに次のような説明があります。 新しい言語を学ぶ時、長くかかるということは知られているでしょう。そこで、記憶するためや、新しい単語を学ぶための、新たなルールをご紹介いたします。言語を学ぶときは、学んで・覚えて・練習することがとても多くあります。しかし、それでも英語を早く学ぶ方法はあるのです。 もしすぐにでも英語を学びたいのであれば、科学ではどのように言われている...

NO IMAGE

英会話ETNの自動化

英会話ETNのサイトでは次のような説明になっています。 人間の4つの長期記憶のうち、意味記憶とエピソード記憶の他に「手続き記憶」という記憶があります。この記憶は、普段なにげなく行っていることをするための記憶です。例えば、自転車の乗り方や泳ぎ方の記憶、母国語で会話するための記憶などです。 英語の学習においても、語彙や文法など、エピソード記憶(もしくは意味記憶)として脳に保管された情報(知識)を、無意識的に使えるようにするには...

NO IMAGE

人工知能で英語の勉強は不要になる

人工知能を使った翻訳システムがだんだんディープラーニングで精度を上げれば、その人工知能に翻訳を任せ、もう英語の勉強が必要はないと言う人も多くいます。英語の勉強はしないで、人工知能に任す事は可能でしょうか。 翻訳や通訳デバイスを使う事で完全に言葉の壁はクリアできるのでしょうか。将来的には英語の勉強は意味のないものになるのでしょうか。 大きな間違い 脳科学者の茂木健一郎氏はPRESIDENTに次のように書いています。 ...

NO IMAGE

英語脳の獲得

“英語脳”を検索すると多くの英語教材や本を書いた業者の名前がでてきます。残念ながら英語脳は業者にとっては大変に都合の良い考えなのです。英語脳は“水素水”のように煙に巻くには非常に都合が良い言葉なのです。 水素水の効果は判明しておりません。しかし、水に水素が入っていると何か効果がありそうな感じがして、水素が入っているだけで、その効果の根拠のなく、健康に良いと言うだけで水素水を売っているのです。 英語脳も存在の根拠がないまま、...

NO IMAGE

AIが英語学習を変える

日経ビジネスオンライで池田和弘氏が“想像を絶する時代の始まり”と言う事で次にような記事を書いています。 今、AI(人工知能)が、文字通りあらゆる分野でとてもホットな話題になっています。しかも、その内容は日々進化しています。いったいAIと英語学習はどのような関係にあるのでしょうか。 これについて考えるには、取りあえずまず一度、google翻訳を試すことをお勧めします。端的にいって、その精度は驚異的です。音声入力でさえ、きちん...

NO IMAGE

英語で考える

英語で考える 英語で考える事を勧める英語教育者が多くいます。その英語で考える事は本当にできるのでしょうか。そしてその英語で考える、その英語学習の効果はどうなのでしょうか。 英語で考える本 日経ビジネスで晴山陽一氏が「英語で考える」ことは可能か次のように言っています。 私が新著を書くために読んだ40冊以上の書物の中から最もインパクトの大きかった2冊を選ぶとするなら、前回取り上げた國弘正雄著“國弘流 英語の話しかた...

NO IMAGE

牧野式メモリッシュ英会話

牧野式メモリッシュ英会話 サイトには次のような説明があります。 必死で英語を勉強し、外国に行ったことのある日本人であれば、一度は同じ悩みを抱えた事があるでしょう。さらに、実際に外国で生活するとなると英語が話せないという事は、日常生活に大きな問題が生じます。日本で暮らしている時にはなかったストレスを感じるものです。 特に日本人は、外国で暮らしていても、英語の壁を超えられていない人がたくさんいます。 では、なぜ日本...

NO IMAGE

英語学習ロボットやAIで学ぶ

英語学習ロボットやAIで学ぶ 英語学習にロボットやAIを使う人が増えています。 Musio 神戸学院大(神戸市中央区)は、グローバル・コミュニケーション学部の英語コースで、人工知能(AI)を搭載した英会話学習用ロボット「Musio(ミュージオ)」を全国の大学で初めて授業に導入する。現在、学生との英会話を通じて実証実験を行っており、2017年の6月から本格的に授業に取り入れる予定です。 Musioは米AKA社が開...

NO IMAGE

英語回路を作る

英語回路で英語を理解する 英語回路ができると英語が話せると説明する教材がたくさんあります。私はなぜ英語脳とか英語回路のような説明が使われるのか理由を探るため典型的な英語回路を生成すると言う教材の宣伝文句を調べてみました。 大きな間違い すると次のようなフレーズがありました。「あなたの脳内でリスニング耳ニューロンがグングンと伸びていくのがわかるでしょう。」英語を大量に聞くと脳の中でニューロンが伸びつながることにより、英...

NO IMAGE

脳波計を応用し、英語のリスニング能力を向上

次のようなニュースがあります。 「エル」と「アール」の正答率が9割に向上 情報通信研究機構(NICT)は、「nano tech 2019」で、ウェアラブル脳波計を用いて英語のリスニング能力を向上させることができる学習法などを紹介した。 NICTは、脳波を比較的簡単に測定できるウェアラブル脳波計を開発。技術移転を受けた民間企業が、小型の脳波計やヘッドギアなどを商品化してきた。従来の脳波計測装置は、大型であり、頭部に導電...