NO IMAGE

VERSANT英語力測定診断

サイトには次のような説明があります。 VERSANTは、仕事で使える実践的な英語力を測るテストです。 従来のテストとは異なり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。 ピアソンで開発された高度な自動言語認識システムを利用しており、スマホアプリやパソコンがあれば日時や場所を問わず受験ができます。国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国防省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストで...

NO IMAGE

音読マップは効果が上がるか

音読マップは効果が上がるか 英語の音読マップに関する説明があります。 音読500回 國弘正雄氏の著作である只管朗読の“英語の話し方”では英文をただひたすら音読することを勧めております。音読を500 回~1000 回を勧めています。 只管朗読ということばは、読者の方々にとってはおそらく耳なれないことばだと思いますが、読んで字のごとくで「ひたすら朗読する」という意味です。次のように説明しています。 道元禅師 私がこの只管朗読...

NO IMAGE

基本にカエル英語の本 発音ABC

「基本にカエル英語の本 発音ABC」は松澤喜好氏の書いた本です。 次のような説明になっています。 英語の中で「発音」というジャンルは、「英文法」「英単語」などに比べるとあまり注目されず、どちらかというと軽視されがちですが、「英語」を勉強するためには実はとても重要です。 英語はアルファベット(ABC・・・)から学習しますが、そのアルファベット文字は覚えても、ちゃんとした発音も覚えたという人は多くありません。 おそらく、ほと...

NO IMAGE

英語学習ロボットやAIで学ぶ

英語学習ロボットやAIで学ぶ 英語学習にロボットやAIを使う人が増えています。 Musio 神戸学院大(神戸市中央区)は、グローバル・コミュニケーション学部の英語コースで、人工知能(AI)を搭載した英会話学習用ロボット「Musio(ミュージオ)」を全国の大学で初めて授業に導入する。現在、学生との英会話を通じて実証実験を行っており、2017年の6月から本格的に授業に取り入れる予定です。 Musioは米AKA社が開発。ネイティブな英...

NO IMAGE

Duolingo(デュオリンゴ)は効果が上がる

Duolingo(デュオリンゴ)は効果が上がる ご存知の方も多いかもしれませんが、まず、このDuolingo(デュオリンゴ)というアプリはなんと世界中で1億以上ダウンロードされているという世界最大の語学学習アプリです。 それと、このDuolingo「デュオリンゴ」なんですが、先程の1億人以上が学んだ、ビックデータから導き出される効果的な学習プログラムに定評があます。Duolingo「デュオリンゴ」での34時間の学習は、大学の外国...

NO IMAGE

日本人が英語を話せない ”本当の理由” とは

LIVEJAPANに次のようなページがあります。 世界的にグローバル化が進む情勢で、今日の日本人は最大12年程度の長きに渡り英語と接する状況があるにも関わらず、英語を話すことができない人がほとんど。もちろん、英語以外の科目もあわせて、得手不得手は当然人それぞれ。全くどれもできない人もいれば、全部できてしまう人もいたことだろう。ただ、学校の授業で英語が得意だと言う人ですら、日本人は英語を話すレベルまでは到底及ばないのが現...

NO IMAGE

英語ネイティブ脳みそのつくりかた

英語ネイティブ脳みそのつくりかた 上記の本の説明は次のようになっています。 著者:白川 寧々 内容紹介 ベストセラー第1位(英語の学習法カテゴリー) 出口治明氏 大絶賛 (立命館アジア太平洋大学学長) 「僕は英語がド下手なんだけど、もっと早くに読みたかった。 文科大臣に渡したい。この本、めちゃくちゃ面白い 」 英語教育界の異端児が「ふつうの日本人」のために開発したMIT(マサチューセッ...

NO IMAGE

英語を学ぶ3つの方法:Word Perfect English

英語を学ぶ3つの方法:Word Perfect English 英語を学ぶ3つの方法 「どうやって自分で英語を学ぶ事ができますか」 これは、Word Perfect Englishで私たちがここで受ける最も一般的な質問の1つです。tesol.orgによると、2014年には15億人の英語学習者がおり、その数は年々増え続けています。これは、各学習者ができることなどの地理的な場所、財務コスト、利用可能な時間のために一緒に勉強する英語教...

NO IMAGE

WHYを鍛えるあざみ野塾

WHYを鍛えるあざみ野塾 塾長 吉家定夫 元慶応義塾大学講師(教育史)、元東京都市大学講師(教育史)、元普連土学園教師、ニューヨーク州立バッファロー大学院にてPh.D.取得 著書『日本国学監デイビッド・マレー』(玉川大学出版部刊) 開校より24年、当塾は小学生、中学生を対象とする英語を学び方から指導する少人数制の塾です。 英語は音からはいる 英語学習は音からはいるのが原則です。当塾に入塾すると、まずフォニックス教材、DVD映像...

NO IMAGE

脳波計を応用し、英語のリスニング能力を向上

脳波計を応用し、英語のリスニング能力を向上 次のようなニュースがあります。 「エル」と「アール」の正答率が9割に向上 情報通信研究機構(NICT)は、「nano tech 2019」で、ウェアラブル脳波計を用いて英語のリスニング能力を向上させることができる学習法などを紹介した。 NICTは、脳波を比較的簡単に測定できるウェアラブル脳波計を開発。技術移転を受けた民間企業が、小型の脳波計やヘッドギアなどを商品化してきた。従来の脳...